中文|English|Français|Deutsch
ホーム > WHDZとは > 概況
概況

概況

アップデート: 2018-05-17

1527906187334.jpg

武漢経済技術開発区(以下、「開発区」という)は武漢の南西部に位置し、1991年5月に建設が始まり、1993年4月に国務院より国家レベル経済技術開発区として認可され、2000年4月には国務院の認可により区内に輸出加工区が設立された。

2013年12月、開発区は市政府の決定により漢南区を管理し、計画面積が489.7平方キロメートルに拡大された。7つの町を管轄し、実際人口が45.7万人に達する(その内、登録人口が27.7万)。 

26年を経て、開発区には自動車・自動車製品、電子電気、食品・飲料業界を支えにする現代産業クラスターが形成された。